経営者が抱きがちな悩みとその解決法とは?

2022年4月4日

自分の後継者がいない

経営者になると様々な悩みを抱えることになりがちですが、特に中小企業の場合に多くあるのが、なかなか自分の後継者が見つからないというものです。大企業であれば、社内から人材を登用したり、社外から名のある経営者を連れてくればよいのですが、リソースに限りのある中小企業の場合にはそう簡単にはいきません。状況次第では後継者が見つからず会社を清算せざるを得ない事態にもなりかねないため、もし近い将来に退任を見据えているのであれば、経営者としてできる限り早めに誰を後継者にするかを決めるようにしなければならないのです。この悩みを解決するための方法は必ずしも一つだけではありませんが、もし社内にめぼしい候補者がいないという場合には、例えば金融機関などが行っている経営者のマッチングサービスなどを利用してみるのも一案です。

資金繰りが上手くいかない

経営者が抱きがちなもう一つの悩みは、会社の資金繰りが上手くいかないというものです。特に買掛金の回収と売掛金の支払いのタイミングにずれがあるようなビジネスモデルを採用している場合には、お金が入ってくる前に支払いを求められるケースが少なくないため、いかにして資金を工面するかは経営者にとって頭の痛い問題です。もし会社の信用力がそれなりに高いのであれば、金融機関からつなぎ融資を受けるというのが現実的な解決策となりますが、もしそれが難しいということであれば、債権者と交渉して支払期限を延ばしてもらうといった手段を講じる必要があるかもしれません。

会員制医療倶楽部は、多額の登録費や月会費が発生するところもありますが、定期的な人間ドッグや、治療効果や安全性が優れた先端医療を受けたい人の間で需要が高まっています。